2021年 20周年記念 紙芝居講座 神保町

言語:

紙芝居文化の会 2021年 20周年記念 紙芝居講座

テーマ:「今こそ紙芝居のよろこびを!」
日時:2021年11月13日 13:30〜17:40
場所:神保町 出版クラブビル
講演:落合恵子さん(作家・クレヨンハウス主宰)
コロナ禍のなか、会場とオンライン・ライブ視聴のハイブリッド方式で開催。
会場とライブ視聴で171名の参加がありました。講座の様子をお伝えします。

はじめの言葉
酒井京子さんのはじめの言葉のあと、『おおきく おおきく おおきくなあれ』で始まりました。

20 周年おめでとう! 紙芝居文化の会の歩み
紙芝居文化の会 創立前史、創立後をスライドショーとともに説明。『おとうさん』を演じました。

作家の落合恵子さん「わたしの中の子どもと、いまを生きる子どもと」

みんな知りたいQ&A
演じるときの疑問を皆さんといっしょに考えました。
Q1: 紙芝居は絵本とどこがちがうの?…演じた紙芝居『あひるのおうさま』

Q2:おすすめ紙芝居ってなあに?…演じた紙芝居『チンパンジーのおんがくかい』

Q3:文化の会の演じ方には決まりがあるの?…演じた紙芝居『ごきげんのわるいコックさん』

Q4:紙芝居の会が、なぜ平和っていうの?…演じた紙芝居『二度と』

Q5:海外の人はKAMISHIBAIをどう思っているの?…演じた紙芝居『やさしいまものバッパー』

明日に向かって
『よいしょ よいしょ』を実演。来年の講座のお知らせ、講座のまとめで講座を終了しました。

↑ PAGE TOP

T